マゴコロレポート
2025年問題(レポート01)

『日本国民の約5人に1人が後期高齢者に』

 

 

この「マゴコロレポート」では、まごころサポートが、全ての人に知っておいてほしい、ニュースや、トピックなどをお届けしてまいります。

 

また新しい年を迎え、約3年後の“2025年“には、どんな未来が待っているのでしょうか?
厚生労働省の調べによりますと、第一次ベビーブームと呼ばれる時代に出生した“団塊の世代“が2025年には後期高齢者と呼ばれる75歳以上となることが分かっているそうです。

つまり、総人口の約1億2000万人に対して、後期高齢者となった“団塊の世代“の人口が2180万人にまで達するというのです。
つまり日本国民全体で考えた時に、周りを見渡すと“約5人に1人がシニア(後期高齢者)“とう世界が訪れるのです。


そんな2025年を目前にして、私たちMIKAWAYA21ならびに、まごころサポートが果たす役割は今以上に増え、どんな小さな困りごとも相談してもらえ、それを解決できるようにと体制を整え、サービスを充実させ、その”約5人に1人“となるシニアの暮らしが少しでも明るく、楽しく、充実した人生を送れるようにと、日本に必要となるであろう、その一旦を担えるように、これからも貢献してまいります。

おすすめ記事

▲TOPへ戻る