第一弾として、4月28日より福島県内を対象に福島民報社と協業してサービス提供 Google が協力する
シニア向けデジタル支援サービス
「まごころサポートプラス」を開始

第一弾として、4月28日より福島県内を対象に福島民報社と協業してサービス提供

MIKAWAYA21株式会社(本社:東京都荒川区、代表取締役社長:青木慶哉)は、シニア向け生活支援事業「まごころサポート」の一環として、Google の協力のもと、デジタル支援サービス「まごころサポートプラス」を開始いたします。まずは第一弾として、当社のメディアパートナーである株式会社福島民報社(本社:福島県福島市、代表取締役社長:芳見弘一)と協業し、「シニアーズデイ(シニアの日)」である4月28日(木)より福島県内でサービスを提供いたします。

 

 

 

「まごころサポート」(https://magocoro.me/)は、全国の地域密着ビジネスを行う132社の加盟店を拠点に展開する、シニアの生活をサポートするサービスです。困りごとをお聞きする「コンシェルジュ」を通じて日々サポートを行う中で、コロナウイルスの感染拡大によって外出や旅行を制限されたり、お孫さんと会う機会がなくなったりと、精神的なストレスを感じているシニアの方々が数多くいらっしゃいます。

その一方で、スマートフォンやタブレットをはじめとしたデジタルデバイスを駆使し、オンライン上で動画を観ながらのエクササイズやお孫さんとのオンラインビデオ通話など、制限を余儀なくされる中でも工夫して暮らしを楽しむシニアの方々もいらっしゃいます。

このような現状を踏まえ、シニアの中でのデジタル格差をなくし、さらにデジタルデバイスの有効活用によって豊かで幸福な暮らしを実現するためのサービスとして、Google の協力のもと「まごころサポートプラス」(https://magocoro.me/plus)を提供することといたしました。

今後は、当社のメディアパートナーが所在する都道府県を中心に、全国で本サービスを展開していく予定です。

「まごころサポートプラス」の福島県内における展開について

本サービスは、福島県内より展開を開始いたします。

「まごころサポートプラス」のサービスを提供する「まごころサポート」加盟店の1店舗目として、「郡山福島ファイヤーボンズ店(所在地:福島県郡山市堂前1-2)」において、“スマートフォンやタブレット、パソコンを持っているが使い方がわからない”という福島県郡山市内のシニアを対象にサポートを行います※1

※1:サービス提供エリアは他の加盟店を通じて県内全域に順次拡大予定

「まごころサポートプラス」サービスのイメージ

「まごころサポートプラス」のコンシェルジュについて

本サービスの福島県内でのサービス展開においては、当社のメディアパートナーである株式会社福島民報社にもご協力いただき、優れた技能・専門知識を持ったコンシェルジュの募集・育成に注力してまいります。また、コンシェルジュは、2022年12月までに全国で約1,000名を採用する予定です。

「まごころサポートプラス」サービスのイメージ

「まごころサポートプラス」概要

サービス開始:2022年4月28日(木)

サービス地域:福島県※2 ※3

※2:福島郡山ファイヤーボンズ店を通じて福島県郡山市内でサービス開始、その後県内全域に拡大予定

※3:当社メディアパートナーが所在する都道府県を中心に順次全国展開予定

サービス内容:デジタルデバイス(スマートフォン、タブレットなど)のシニア向け使用サポート

協力:Google

まごころサポートプラス

▲TOPへ戻る