各地域の “素敵コンシェルジュ” が持つ信念やこだわりを紹介する、こちらの特集。

 

今回は『まごころサポート 札幌いけまつ店』の宮川さんが登場。

 

屈託のない笑顔と和やかな話しぶりが印象的な彼女のこだわりに、ぜひとも触れてみてください。

各地域の “素敵コンシェルジュ” が持つ信念やこだわりを紹介する、こちらの特集。

 

今回登場するのは、『まごころサポート コザ大丸商店』の高嶺さん。

 

故郷・南風原町のローカルヒーロー「ヒュート」を演じる役者として活躍しながら、まごころサポートのコンシェルジュとしても活動しています。以前は、結婚式場のエスコート役としてのお仕事にも携わっていたという彼の、お仕事に関する想いに触れてみましょう。

各地域の “素敵コンシェルジュ” が持つ信念やこだわりを紹介する、こちらの特集。

 

今回登場するのは、『まごころサポート 宝塚といろ店』の酒井さん。

 

介護福祉士としてのお仕事や、小学生の放課後見守り事業のお仕事と平行して、まごころサポートのコンシェルジュのお仕事をおこなっています。

 

『もともと「お世話する」のが好きだったんですよね』と自らについてにこやかに話しつつも、それぞれのお仕事のシナジーをフルに活用しながらコンシェルジュとして活躍する酒井さんのこだわりや美学に、ぜひとも触れてみてください。

佐賀県みやき町の〈まごころサポート〉コンシェルジュとして活動する齋藤亜后さん。以前は地元、静岡県内の美容室に勤務するネイリストでした。そんなコンシェルジュの特徴を体現する齋藤さんは、なぜ縁もゆかりもない土地に移住することになったのでしょうか。そして、思い切って移住した彼女はフリーランスの映像クリエイターでもあります。本業を別に持つワークスタイルはコンシェルジュの理想形のひとつなのです。

「シニアとお話をするのが好き」という溝端さんにとって、コンシェルジュはまさに天職。<まごころサポート 新山口すずき店>のオーナー曰く、「溝端さんが担当すると、お客さまの表情が明るくなる」そう。一方で、溝端さんの持つハンデキャップが思いがけずシニアとの距離を縮めるなど、自身もさまざまな驚きや楽しさを感じています。

大学時代に学生と両立してイベント運営会社の責任者でもあった前原さん。コロナ禍でさまざまなイベントが中止に追いやられるなか、自分を見つめ直すために<まごころサポート 沖縄みやき店>に登録しました。持ち前のコミュニケーションスキルを活かして、おばあやおじいの頼れる存在に。若干23歳のコンシェルジュはただやさしいだけでなく、ギラギラとした野心を秘めていました。